新婚旅行をどこにするか


姉が結婚することになりました。
これまで一生独身でいたいと、常日頃から繰り返していた姉ですが、30代も半ばを過ぎて、一度は結婚してみようかと考えたそうです。
まあ、本当のところはどうなのか、詳しいことはわかりません。単に、一目ぼれとか、他の理由があるのかもしれませんしね。
うちの子供たちが姉にとてもなついていることもあり、小さい子供達を見ていて、子供が欲しくなったというのもあるようです。
ところで、姉が結婚するにあたって、新婚旅行をどこにするかが問題になりました。新婚旅行といえば、何度も出かけるものではありませんから、どうしても時間を取って、遠くに出かけようと考えるのが世の常ではないでしょうか?
でも、姉は無理に海外に出かけるよりは、国内旅行でも良いのではないかと考えたようです。
なぜなら、仕事だけに打ち込んできた姉にとって、ほとんど旅行とは無縁な生活を送ってきました。
ここで、いきなり海外に出かけても、旅の間、ずっと、あっちこっち短い時間で出かけなくてはならなくなってしまい何を見たのかすらわからないままに終わってしまうのではないかと心配したようでした。
姉の言い分にも一理あります。なぜなら、私にもそんな経験があるからです。
以前、ANA・JALの国内格安航空券の決定版に参加したことがあるのですが、常にバスでの移動で、目的地に着くと短い時間の間にできるだけ、たくさんのものを見ようとし、写真を取り続けるので、実際、後になって思い返してみると、あまりよく覚えていないことがあったのです。
ただ、旅に対する意識の持ち方によっても変わってくるのではないかと思います。
無理にすべてを消化しようとするのではなく、本当に見たいものだけを吸収していけば、それはそれで良いのではないでしょうか?
それに新婚旅行の場合、いかにたくさん見るかではなく、いかに二人の時間を楽しく過ごすかなのですから、国内なのか海外なのかが問題になるわけでもありませんし、また、見るべきものをたくさん詰め込みすぎるのもおすすめできないのではないかと思います。
二人の時間と思い出作りが最も重要なのではないですかね?
自分の場合も、新婚旅行で一緒に旅したことによって、お互いの性格や考え方を知ることができて、とても良かったと思います。また、新たに発見したことも非常に多い旅だったのです。

自分自身の旅行経験


私は旅行が大好きです。最近では、あまり、遠くへ出かけることもなくなりましたが、大学生のときには、暇があればアルバイトをして、旅に出かけたものです。
とは言え、学生のときは、とにかく海外に出かけることが多く、あまり国内旅行の経験はありませんでした。なぜ、国内旅行ではなく、海外旅行かというと、やはり、当時は、海外に目を向けていたからです。
また、観光を意識して、旅に出かけたこともありませんでした。どちらかというと、海外で英語を使って、いろいろな人と話したり、また、新たな言葉を覚えるのを目的としていましたので、有名なところは全部見ようと考えたことはなく、せっかく遠くまで出かけたのに、後から友人達に、「○○は行った?どうだった?」なんて聞かれても、答えることができないことが多いのです。
基本的に私にとって、旅とは、日本人以外の人に接することを目的としていました。だから、場所に対してはあまり関心を持たず、むしろ、旅行先の映画館に通ったり、普段食べたことのないものを食べたりするのを目的としていたのです。
それはそれで、正直いって、大学での勉強より、自分にとってはためになったというのは事実です。おそらく、学校での授業の英語のままでは、いまだに英語でコミュニケーションを取ることは難しかったことでしょう。
私は、自分自身の旅行経験によって、まさに「百聞は一見に如かず」であるのだと実感させられたのです。

http://e-koukuuken.com/
航空券サイトe航空券.com|国内航空券の予約・販売

Copyright (C) 2013-2016 国内旅行の魅力 All Rights Reserved.